2016年05月01日

火曜でも歌謡でもないけどモンゴルのロックCDを買ったよー!

ササっと無駄話。

ハワリンバヤル、というイベントがあって
ひとことで言えば「モンゴル祭り」とかモンゴルフェス、です。
初めてサクっと行ってみました。

コレね。
http://harumatsuri.net/2016/

モンゴル料理や関連するショップ、その他もろもろ
屋台に模擬店が出店し、ステージでは日蒙の歌に踊りに演奏パフォーマンス。
モンゴル相撲も開催され、モンゴル出身の大相撲力士も登場。
こんなにいるのかと思うくらいモンゴル系の方々も集合され
非常に楽しいフェスでした。

モンゴル相撲もそうだけど
ホーミーのライブとか
モンゴルヒップホップでダンスパフォーマンスとか
初めて見聞きするものも多数あり。
モンゴル料理もウマカッタ。

フェスの目玉、ラストには現代のモンゴル音楽シーンで人気の
大物ミュージシャンが来日しててライブをする!
という予定のなか、
所用で見れずじまいとなりましたが
とりあえずCDだけ買ってみました。
売り場の隣にご本人たちがおられ、
特典ポスターにサイン&握手をいただきました。

。。。。これじゃ!
IMG_4806.JPG

Nisvanis。。。というらしい。
内容はカッコイイ、ロックサウンドっす!
民族音楽とかの味わいは特になく
ハードロックといえばいんじゃろうか、
買ってよかったっす。

2016_0501_1080.jpg

NaNisvanis、歌詞わかるとまた楽しいじゃろな。。
Youtubeにもイッパイ動画あり。ゼヒご検索を。。。!

posted by 部長 at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

歌謡とレゲエ/スネークマンショー「戦争反対」と2045年

火曜に無駄話。
2015年、3月10日、東京大空襲から70年。
3月11日は3.11から4年。
無駄話ながら、祈りを捧げたい気持ちになります。

過ぎ去ったときをおもいつつ
あと30年後にはそれぞれ100年、34年たつわけで
その、長いような短いような未来のことも
気になります。

2015_0310_1142.jpg

いまの子供たちも30年たてば
いい大人、いい中年。
それまでの間、平和で平穏であるよう
今大人である自分が、できることをやりたい、、、

で、とりあえずできることと言うと
とりあえず今の諸案件をちゃんとやる。。。に尽きる。。。
なんとも我ながら低次元ではありますが
大きな事はできませんが、小さな事からコツコツと。
他にもできれば取り組みたいっす。

スネークマンショー/死ぬのは嫌だ、怖い。戦争反対

IMG_2067.JPG

「死ぬのは…」はキャッチコピーなのかタイトルの一部なのか失念。
「愛の戦場」(youtubeにはあるっす)をコントとして聞ける世の中であって欲しいです。

明日も良い一日でありますように!
posted by 部長 at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

歌謡とレゲエ/弥生三月は去る

密かに無駄話。

あいかわらずトッチラカッテおります。
2015_0303-F01_1034.jpg

春の訪れも感じるこのごろ、
たまたま見つけた曲ですが
このような爽やかな曲をじっくり聴いいてすごしたいです。
DON'T FEEL NO WAY / BOY-KEN feat. PUSHIM
今日初めて聞いたけど、超スキです。


明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

歌謡とレゲエ/先週はボブマーリー誕生日

なんだかんだ、バタバタしつつ
ちょっと旬をのがした無駄話。
先週2月6日はボブマーリーの誕生日。
享年36歳、存命なら今年で70歳。
四十路も半ばの自分にとっては、なんとも感慨深いです。

で、感慨深いのに別の話。
PJ & クールランニングスのLP「ライジングアップ」。1984年。
IMG_2008.JPG
ジャケットの「ロバート・ネスタ・マーリー」って何じゃ?と思ったら
ボブマーリーの出生名でした。
どこか民家のブロック塀、この絵は残ってるんだろうか。

かれこれ25年くらい前。中古レコード屋で見つけて
1曲目から好きになってよくよく聴いておりました。
PJ & クールランニングス「ビートマジックレゲエ」


言うまでもなく、PJの素晴しい楽曲は(991/2も含めて)数知れず。
中でもアレサフランクリンのカバーなんだと思うけど
LOVE ALL THE HURT AWAYは私個人の感想内で超絶名曲です。
7インチをできることなら再度手に入れたい。。。!

とかなんとか、本日もとりとめない無駄話でした。
2015_0210_1092.jpg

明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

火曜とレゲエ/I LOVE YOU,OK

久々に無駄話。
かわうそ部長はみなさまのおかげで
9周年を迎え、10年目に突入しました。
引き続諸々尽力・精進してまいりたいと思います。

そんなおり
超久々にレコードをさわってみたり。
矢沢永吉 I LOVE YOU,OK
EY.JPG

たいして詳しいわけでもないけれど
やはりこの曲は素晴しいす。
自分のなかではファイナルチューン決定版、みたいな一枚です。



先日の某結婚式二次会においても
こそっとファイナルチューンとしてかけさせていただきました。
改めて幸せを祈りつつお祝い申し上げたいです。
明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

歌謡とレゲエ/山口冨士夫「GORILLA DO」を引っ張りだす

火曜に無駄話。

かれこれ20年くらい前。
学生時代の友人からもらったか、預かったかした
山口冨士夫のLP、「Like a Rolling Stone」。
語れるほど詳しいわけではないけど
ライブの収録版で、生々しくカッチョイイです。
この中の一曲、「GORILLA DO」は
レゲエ調というか、ルーツロック的レゲエなのだ。
ゴリラDo、ゲリラDo、ノロシを上げろ、、抵抗の詩的な。

Fujio.JPG
レコード自体は87年発売の模様。27年もたつのか。。
亡くなって1年。久々にレコードかけて聴いてみました。

で。該当曲は見つからなかったので
気になるドキュメント映画予告編。
見てみたい。


2014_1014.jpg
座右の銘は「あるがままなり」。
明日も良い日となりますように!

posted by 部長 at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

歌謡とレゲエ/仲良くやったらいいじゃんか、とWARとかジェイコブミラーがうたう。

火曜も無駄話。

久々にレコード買いました。
WhyCWBF.JPG

WARっす。なんつっても
表題曲「Why can't we be friend」が聴きたかったので。
スマッシュマウスのスカ的なカバーも
ひところFMとかでよくかかっていた一曲。

WARの Why can't we be friend


原曲もレゲエに相性いいし好きですが
レゲエのクラブでセレクター諸兄がよくかけていた
ジェイコブ・ミラーによるカバーもやはりイイです。

ジェイコブ・ミラー版の Why can't we be friend


なんか映画の1シーンみたいだけど
よくわからんが甘酸っぱ切ないコレもよかね。
https://www.youtube.com/watch?v=Qq4lUNaceWw

2014_1007.jpg
世界も、日本も、近所も、ウチも。
明日もいい日となりますように。
posted by 部長 at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

歌謡とレゲエ/NO,NO,NOとダメよ〜ダメダメ

火曜も深夜に無駄話。

随分前の話。
レコードを試聴せずにジャケットだけで選ぶと
アタリな時もあればブっ外す時もあります。
それが楽しいわけですが。

大信田礼子 - 女はそれをがまんできない
英文タイトルはNO,NO,NO。
NONONO.JPG

これのカバー曲だと思ったんじゃ。
レゲエでは一大ビッグチューン。
Dawn Penn- NO NO NO


中古レコード屋で見つけて
ワクワクしながらウチで聞いてみた。


英文タイトルは同じでも内容は悶絶的に違います。。。
とはいえ、コッチのほうも好きなわけです。
日本エレキテル連合の「ダメよ〜ダメダメ」は
もしかしてこの曲の中のフレーズが
ヒップホップにおけるサンプリング元ネタなのでは。。
と勝手に思ったりします。
多分ちがうか。

2014_0930.jpg

自分を信じろ!とか、なかなか言えないものじゃ。
明日もいい日となりますように!
posted by 部長 at 00:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

火曜にレゲエのsad sweet dream

ちょっと涼しい今夜。
コソっと無駄話。

ふだん近況とか書かないなか
先日ターンテーブルとミキサー一式をある方よりいただきました。
美品!前オーナーさん同様、大事に使いたいと思います。
この場で改めて御礼申し上げます。

20140729.jpg

とりあえず諸々納めて着手したい。。
そんなおり、
とりあえず地元で久々にレコード買いました。
昔紛失した曲。
Sad Sweet Dreamer by Dennis Walker
なんとも、甘酸っぱい!


明日も良い日となりますように。
posted by 部長 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

歌謡とレゲエとWhy Baby Why

久々に無駄話。

梅雨明けを前に暑くなってまいりました。
夏っぽい曲も聴きたくなるこのごろ。
というわけで、ナゼか
デニス・ブラウンのWhy Baby Why

超メジャー曲 「Love Has Found Its Way」も
当然素晴しいのですが
シングル版のB面に入っていたこの曲も負けず劣らず
いいあんばいです。
。。。と大好きな曲ながら、レコードを紛失。。
ユーチューブで久々に聴けました。


海に山にドライブしながら聴きたい!
とかなんとか、
まずは諸々案件を。。。!

20140715.jpg

明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

火曜と火火金金火金金

火曜に無駄話。

レゲエと河内音頭の夢の共演。
忘れてたけど、
コレの販促用カセットテープ、当時持ってた。
入手した経緯は不明。どっかで配ってたか。

フロム・エー CM
カーキン音頭フリーター一代男(青春上京篇)河内家菊水丸


「アルバイト情報誌 フロム・エー」
火曜・金曜と週二回発行開始、という内容のCM。
当時バイトさがすのは
だいたい情報誌買って、読んで、応募してた。
いろんなことが
現在とは大違いじゃな。。
90年代がはるか昔に思えて来た。

ちょっとブームになった記憶があります。
全編はコレ。


あのテープ、どこへいったんだろう。
91年といえば、まだJリーグもできてなかったのだ。
それが今じゃワールドカップ出場って、いろいろスゴい。
2014_0617.jpg

「カーカキンキンカーキンキン」、
元ネタは戦前の「月火水木木金金」か。
時代は変わっても頑張らにゃならんのは不変か〜。
21世紀になってもナウマン象を追ってたころと
そこんとこはある意味一緒。。。

明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

歌謡とレゲエと本田美奈子のTemptation(誘惑)の誘惑

火曜に無駄話。

突然、
神懸かり的に、本田美奈子の「Temptation(誘惑)」が
聞きたくなりました。

「1986年のマリリン」こそ
シングルレコード持ってるけど(←もらった。)
とりたててファンだったわけでもなく、
昔CMでかかってたな、的な記憶でしかないのに。

2014_0610.jpg

…ituneストアって便利なんだね。。
ようやく知った。
とりあえず1曲だけ買って、
超聴いた。超満足。

ついでに
ウィキペディアでザックリ読んでみました。
2005年、もうすぐ10年たつのか。
アイドル時代は思いのほか短期間で
ミュージカルとか、いろいろ活躍されたたんですね。

海外でも諸々活動したり
ジャマイカ行って、スライ&ロビーと競演したりも!

そんなこんなか、
なんか、レゲエっぽい楽曲もあった!
茨城県ひたちなか市のご当地ソング
「素敵な明日のために」。
間にからむDJはだれだろう。。
曲の雰囲気と時代感からして
織田裕二&マキシプリーストの「Love somebody 」の頃だろか。
初めて聴いたけど見入ってしまった。


なんかの収録。オリジナル版があればのせたい。。!


いろんなこと、何にも知らなかった。
誰にとっても、明日も良い日となりますように。
posted by 部長 at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

歌謡とレゲエ/歌謡と四国は松山とオンセナート

忙中閑ありか、閑中忙ありか、
どっちかわからんくなったけど
火曜に無駄話。

当然レゲエじゃないし、歌謡曲ともいいがたい。

村下孝蔵。
今からもう25年くらい前の人、という印象
ヒット曲何曲かあったなとか
随分前に若くして亡くなったハズとか
そんなざっくりとした印象だったけど
去年くらいから急に好きになってしまいました。
おそるべしYOUTUBE。

道後温泉のアートフェス、「道後オンセナート2014」での
ツッキーツアーズ by 月岡彩
これを知って、四国・松山・道後温泉、行けたらいいな。。と。
詳細はコレ。↓
http://www.dogoonsenart.com/
http://www.dogoonsenart.com/artist/tsukioka-aya/

で、この曲にたどりつきました。

村下孝蔵 松山行きフェリー


気候のいい時期、瀬戸内海を船で行ったら
きっと気持ちもよかろうに。
この、チョッキの似合うこのルックスに何か敬意を覚えます。
享年46歳は早すぎる。
つうかあとちょっとで自分も追いつくのか。。
四十路のガラスなハートに効くかんじです。

20140520.jpg
行けたら行くとか
できるようになったらヤルとかは
今度とオバケと一緒。
どうにか、明日も良い日となりますように。

posted by 部長 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

歌謡とレゲエ/高橋幸宏・86年て、ざっくり30年前かー!

歌謡とレゲエ、またはどちらでもない無駄話。

音楽に手間ひまかけず、パソコンで聞きがちな今日この頃。
我ながら
CDすらかけるのがメンドくだくなるとは思わなかった。。
アナログこそスバラシイと思う一方でこの矛盾。
一方で、パソコンでしか聞けない、みつけられなかったと思うものも。
ユーチューブでたまたま見つけました。

高橋幸宏
「蜉蝣~前兆~FLASH BACK」
86年のスタジオライブ、としか
詳細は分かりません。
名曲3曲をメドレー的に、レゲエ的なアレンジに。

初夏から夏へむけてこの季節、いいかんじです。
レコードで欲しい..!


86年、ざっくり30年前、なのか!
20140513.jpg
レコードなり、ゆったり楽しむヨユウが欲しいと思いつつ
問題はラクな方へ流れる自分の性根でもあります。

明日も良い日となりますように!
posted by 部長 at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

歌謡とレゲエ/「歌謡」雨のエアポート

雨が雪に変わったおりに無駄話。

雨だったので思い出した
欧陽菲菲「雨のエアポート」。
別れの旅立ちについてA面・B面バリエーションあり、みたいな構成。

fifi.JPG

ベンチャーズ作品「雨の御堂筋」の次に出たシングルで
曲調、内容ともに続編感たっぷりです。



B面の「あなたは再び帰らない 」も素晴しい一曲です。
クレイジーケンバンドとかにも通じる、なんかこう昭和なカンジ。


タイトルは 「あなたは再び帰らない」だけど
内容は「私」が「あなた」を一方的に別れを告げる的な話。
別れたいだけなのか、悪女を演じて身を引いたのか。
タイトルも含めて細部気になります。

20140204.jpg

ところで、雪ってなんであんなにケミカルな味なんだろう。。
大昔からあの味なのか、大気汚染とかなのか。
どっちにしろ、良い環境を残して行きたいと願います。
明日も良い一日となりますように。
posted by 部長 at 16:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

人知れず知られてないが知っている

パツパツだけど無駄話。

知られてないかもけど、
おれは知ってる。
この曲がすごくいい曲なのを
この作品が素晴しいのを
この人がスゲーのを、そして超頑張ってるのを。。!

。。。へんなポエム調になってしまった。
けど、
メジャーかマイナーかはともかく
少なくとも自分はスゴイ!と思ってる
人とか曲とかが誰しもあるんじゃないかと思います。

たとえば、私の中では

富田勇造
血を越えて愛し合えたら

1980年のアルバム。
ジャマイカはTuff Gongスタジオで録音。
LEEBERT MORRISON "GIBBY"(ベース)
CARLTON DAVIS "SANTA"(ドラムス)
EARL SMITH "CHINNA"(ギター)
PAUL DIXON "PABLOVE BLACK"(キーボード)
ALVIN HAUGHTON "ALVIN"(パーカッション)
NOEL SIMMS"SKULLY"(パーカッション)
で、
もろレゲエとフォーク的な歌が融合。
周りのレゲエ関係者からこの盤の話は出た事ないけど
自分的には愛聴盤でした。
新宿の今はなき「チャーリー」で初めて聴いて
DJに教えてもらったのも良い思い出。

chiwokoete.JPG
YOUTUBEにもアップされてない様子。

こちらでちょびっとサンプルあり。
http://www.jetsetrecords.net/豊田-勇造-血を越えて愛し合えたら/p/182003940642

誰も知らなくても、
もしかしたら誰も別にイイと思わなくても
オレはコレを知ってて
そして超好きだ!

オチもなんも無いけど
そう言いたくなってみました。

2012_1106.jpg
ツイッターとかフェイスブックとかの
人のボヤキを見ると何か共感したりします。

自分のヘボい感はさておき、
尊敬したい人がたくさんいる今日このごろ。
明日も良い一日でありますように。
posted by 部長 at 01:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

人との出会いが旅だからといいつつ旅の途上

カヨウに無駄話。

約十年前の、某友人の結婚式二次会。
場所は横浜石川町、おしゃれな「カフェー」。
その際、二次会DJをつとめさせていただきました。
時は流れて十年後。先日
そのお店の12周年記念パーリー開催につき
DJのお声かけをいただきました。

我ながらいつもどおりバカっぽいMCと選曲。
約十年ぶりにして、訪問回数まだ二度目のお店。
店も、スタッフのみなさんも、お客さんも暖かかった。。。!
D夫妻の二次会から、こんなご縁につながるとは。
ホント、感謝です!
一方、翌日の二日酔いはひどかった。。。

2012_1016.jpg

かけそびれた、裏切り者のテーマ。
この曲をかけぬとは、まさにウラギリモノじゃ。


こちらは独断ゴリ押しでかけた。。
Jacob Miller版の you make me feel brand new。
性懲りも無く、26日下北沢にも持って行きます。


改めておめでとうございました!レトロカフェ!
次回は26日、下北沢ドラムソング。
素晴しいレゲエのセレクター陣とご一緒させていただき
バカっぽくやらせていただきます。

明日も良い日でありますように。
posted by 部長 at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

いまはもう秋/あの女はやめとけ/なんかモロモロ

連休も明けて、すっかり秋な火曜日。

2012_1009.jpg

で、ハナシは何も脈略ないけど。。。

スッカリ上映期間からがたってしまったけど
映画「あの女はやめとけ」を観ました。

やめとけ、というくらいなので
やめれなかったわけです。

三十越えた男たちの
スタンドバイミー(…ちゃんと観ていけど。)の
グダグダ版というか、
それでいていろいろ湧き起こるトラブル。。。
非現実的なアクションものより何倍も
現実感がありすぎておそろしいアクシデントが巻き起こる。
グダグダ、ほろニガ、そして笑える映画でした。

爽やかでカッコヨク、オシャレな話じゃなくて
こういうのが好きだ。

http://enbuzemi.co.jp/drop_special/anoonna.html



そんなおり、また別の話。
今週10月13日は横浜レトロカフェ12周年パーリー
10月27日は下北沢ドラムソング「Yaedie Shcool」
でレコードまわさせていただきます。

13日は70〜90'sデスコ的なのを中心に。
概略10年前、某ご夫婦の結婚式二次会パーリーにて
DJさせていただいたレトロカフェさん。
今回その時のノリで、とお声がけいただきました。
ありがたいことです。
いつもどおりバカっぽく。。。!



秋の空気を楽しみたいです。
明日も良い日となりますように。
posted by 部長 at 22:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

サックスは最高

まだ暑い火曜日に無駄話。
掲題の「サックスは最高」は
大昔、笑っていいとも!のコーナータイトル。
以下内容とあんまし関係なし。

2011_0911.jpg

木六本のスイートベイジルで某ライブへ。
サックス、オカリナ、ベース、ピアノの4人でやる
ウォーターメロンマンがカッコよくて鳥肌たちました。

以下諸々、発見もあり。
オカリナがイタリア発祥の楽器で、しかもカッコイイ!
スタンダード的な曲ってスタンダードになるだけにイイ曲だ!
やはりライブは楽しい。その他もろもろ!

この感動を自分も仕事に込めたい!と願いつつ
スッポぬけたりしております。

機会があれば改めて詳細を更新するとして
とりあえず、同級生ってか同学年に感謝と敬意を送りたいです。
明日も良い日でありますように!

そんなおり、
個人的にレゲエ三大サックスビッグチューンのなかの一曲。
コートニーパインの I'm Still Waiting。
posted by 部長 at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

歌謡とサンホセへの道

88年、ということはワタクシ18歳。
この曲で初めてボサノバを知った、的なあいまいな記憶。
いわゆるアイドル歌手、という印象からなんかスゴイおしゃれな人に。
ボサノバブームはその後だいぶ後からやってきた。


時は流れて26年。
おしゃれで明るく、爽やかな一曲、サンホセへの道が!
いわば望郷の歌だったことを知って衝撃。
しかもなんかジンと沁みる詩でした。
(↓クリックして大きい画面で観ると歌詞読みやすいかもです)


2012_0904.jpg

故郷の有無は別として
あの日に帰るったって、
もう帰るとこなんか
どこにもない。
という今、この状況が好き。
この詩のひとはサンホセに帰ったかな。。

明日も良い日でありますように!
posted by 部長 at 22:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡とレゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする