2016年05月09日

ヒーローなんじゃないかと疑ってたが、やっぱヒーローだったと思った

連休も明け、無駄話。

2016_0509_1066.jpg

公園であそんでる保育園か幼稚園の子供たち。
何人か道路に向かって手を振りだしました。
手を振る相手は、徐行中のごみ収集車。
車に乗っているクルー3人も
ほほえみと共に手を振りかえしていました。

まぶしすぎて、ゾクっとしました。
かっ  かっこええ。。。。!
本物のヒーローじゃ。
理屈ヌキにそう思いました。
子供たちは車が過ぎ去っても
あこがれの目で手を振り続けてたました。
飛び去ったヒーローをいつまでも見送る、的なシーンが
まさにそこにはありました。

ごみ収集車って子供たちに絶大な人気※なんだけど
(※かわうそ調べ/飲み会の時とかにおかあさん方に聞くとだいたい超人気!)
改めて実感しました。
確かに私が言うまでもなく、造形も動きもカッコいいんです。
でもってみんなの暮らしをホント守っとるし。
機会があれば、あのカッコよさをもっと本にしたい、、、!

それ以上に乗ってる人がかっこよかった。。
あーゆう、ほほえみを忘れないがビシっとしたプロに
私も大きくなったらなりたいと思いました。
…的な気持ちになりました。つうかヤれや、オレ。

明日、もうちょい諸々頑張ろう。。と、思います!



posted by 部長 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック